NPO法人WAN労働争議を支援するトップ → 賛同署名コメント
スポンサー広告-- / -- [ -- ] --:-- 編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

賛同署名コメント02 / 09 [ Tue ] 22:08 編集

賛同署名コメント紹介(7)

*オンライン署名はこちらからどうぞ! 署名の第1次締切は2/10(水)です。

●queercripjpnさん(関東)
フェミニズムにも、運動にも、労働にも精通はしていませんが、生活をかけて働く人が捨て駒のように扱われることは、どのような場合においても許容されないと思います。



●今関惇さん(関東、IT産業)
知人から聴きました。

フェミニズムのポータルサイトなんて代物があるとは知りませんでしたし、一見してみて実物を観てなんと商売気のないサイトなのだろうと思いました。商売気がないということは理念をきちんと掲げ、それにのっとって運営して行くという方針の表れなのでしょう。

その理念にのっとって今後も続いていくのであれば、いずれポータルサイトと言うにふさわしいサイトになっていくかもしれませんが、そうでないと判断されたなら誰もそのサイトは使わなくなります。使われないポータルサイトなんてアクセスアップ以外には何の価値もありませんし、お金がかかっているのならなおさら許されるものではないと思います。そして、そういうものをなんでつくったのかという総括も必要になってくるのだと思います。

あまりフェミニズムにはシンパシーを感じませんが、これまで日本の社会運動に少なからぬ影響を与え、あるいは主導してきた思想群であるのだろうし、その世界では著名な方々の発起した団体がこういうことになるというのは、フェミニズムに関わらない人間にどういう影響を与えるのか。

とても、難しいと思いますが、これからその動向を見させてもらうことにします。



●星山京子さん(キリスト教事業所連帯合同労働組合執行委員長)
ひとりの労働者も解雇してはなりません。共に闘います。



●松本ちとせさん(派遣会社 総務)
現在、一般求人広告では、「女子5名・男子10名募集」や「営業マン募集」「セールスレディ募集」のような性別を特定するような表記はNGとされており、同一作業における賃金格差、男性1000円、女性850円のような記載も厳禁とされています。 

過去には、「男性店長求む!正社員登用!」「管理職募集!やる気のある男性求む!!」、対して「空いた時間だけ扶養の範囲で働きませんか?」「女性向けの誰にでも出来る簡単なお仕事です」等の、男には将来を約束するような魅力的なフレーズが、女には見下された現実的なフレーズが、キャッチコピーとして当然のように使われていました。
また、そんな女性達は「事務員」「○子ちゃん」「おネエちゃん」等の呼称で何年もの間、コピーを取り、お茶汲みをさせられて来ました。

しかしながら”優秀な女性達“は、それらをこなしながら、きちんと仕事もこなして来たのです。そして、クオリティの高い仕事+(お茶汲み+コピー+家事育児)でやっと男性の能力を超えたのです。そこまで来ても、ポストや報酬が男性を上回ることは難しく、更に、女性の主張や抗議は、四方から抑圧を受け、押し流され葬られます。
この度の、労働条件変更についての抗議に対し、一方的な退職勧奨は、労働者にとっての不利益な行為であり、労働基準法における違法行為であります。

今後の女性の地位確立の為、“葬ってはいけない事実”であると考え、ここに署名致します。



●大川リエさん(東海)
人は、近くにいる人からしか幸せにできないと思います。
まわりにいるひとが不幸なら、WANは何のために活動するのでしょうか。



ユニオンぼちぼち立命館分会さん
非営利団体や女性運動団体のなかでは、当事者が声をあげ(られ)なかっただけで、こうしたことはたくさんあった(ある)はずです。

今回の争議をきっかけに、こうした問題がもっと世間に広く共有されることを期待します。

「運動」の「理念」と「組織」の「体質」の関係の問題は、とても重要な、普遍的なテーマだと思います。

この争議を支援する人たち、そして当事者の方々との間で、発展的な議論が展開され、それが「現実」(雇用状況)にフィードバックされれば、それがいちばん理想的な流れだと思います。そしてそれこそが、「運動」でしょう。



●嶋田恭子さん(大学非常勤講師)
今回の遠藤さんとAさんに対するWANの措置に抗議します。
どうして組織となったらこうなるのでしょう?まったく権利を持ったことのない私には理解できません(でも、ひょっとして学生に対しては無意識に権力を行使しているかもしれませんが)。



●中村優子さん(関東)
全ての雇用破壊に反対します。



●nomoto yukariさん(早稲田9条の会)
NPO法人ともあろう事が、情けない限りです。
2人をどうして退職干渉するのか、もう少し公に正当性をお示し下さい。
わたくしも財団から爪弾きにされそうな立場なので、こうした事をヒトゴトとは思えません!!!



●大久保拓哉さん(近畿)
WANの理事のみなさんは、地位も名誉もお金もある立派な方々なのですから、組合側の発言に対していちいち「誹謗中傷だ!」などと過剰防衛することなく、その地位と名誉とお金にふさわしい鷹揚な態度をとられることをおすすめします。昔から「金持ち喧嘩せず」といいますし。くれぐれも市川房枝記念会や女性ユニオン東京の轍を踏まないようにお願いします。



●谷野順子さん(日本基督教団倉敷水島教会)
NPO法人WANの労働争議への支援および理事会への要望が1日もはやく実現されますようにと願います。



*オンライン署名はこちらからどうぞ! 署名の第1次締切は2/10(水)です。

| comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

賛同署名コメント02 / 09 [ Tue ] 15:13 編集

賛同署名コメント紹介(6)

*オンライン署名はこちらからどうぞ! 署名の第1次締切は2/10(水)です。

●石田久仁子さん(関東)
「NPO法人WANの労働争議への支援および理事会への要望」に賛同します。



●田辺久子さん(関東)
理事会は経営陣として無責任だと思います。雇用している以上、責任があるということは自明の理ではないでしょうか。
志が高ければなんでも可ではないでしょう。

女性の運動のなかで甘えがあるのではと思います。

確かにどこのNPO法人も財政的には苦しく、人件費の削減をしなければならない局面はありますが、一方的ではなく話し合いをきちんと進めていくことは重要です。責任をはっきりさせて働くものの権利をも保障するように、まずは退職勧奨を取り下げて民主的なルールにのった話し合いを行うべきではないでしょうか。



檜山暁子さん(21世紀の水産)
21世紀の水産を考える会はNPO法人化を目指していますが、NPOで労働争議があるとは思っても見ませんでした。
確かに、何か活動するときに自腹を切ることは多々あります。しかしながら、法人化してから雇った人の労働条件悪化に対する対処法は、労働者の権利を守ることが第一に 考えられなければならないでしょう。

それが、出来ないなら法人化されるべき団体ではなったと考えるべきではないでしょうか。法人化されたのなら、法人としての守るべきルールがあると思います。

特にNPO法人は非営利団体なのだからと、それを盾にとって労働者に対しても非営利を強いてはならないと思います。労働者には生活があるのです。生活が成り立たなければ、生きていけないのですから。



●ばんぞのひろやさん(ICU CGS)
「NPO法人WANの労働争議への支援および理事会への要望」に賛同します。

非営利組織における労働者の権利、特に非正規労働者の権利はこれまで軽視されがちでした。
今回の争議はそうした現状を問いなおし、運動の理念を真に実現していくための重要な契機でもあると思います。

今まさに生活を脅かされているお二人の権利が守られ、適切な形でこの争議が解決されることを望みます。



早川由美子さん(映像製作)
WAN理事会の今回の措置に抗議し、ユニオンWANへの支援を表明します。WAN理事会に対し、「女性たちの活動を支えるためのNPO」という存在目的に恥じることのない、誠意ある説明と対応を強く求めます。



攝津正さん(パートタイマー)
運動内実働を正当に評価し、対等な関係をつくりましょう!



●匿名のかた(関東)
私の身内にもNPOが経営する障害者施設で働いていて、労働条件の不利益変更がひどくて辞めた人がいます。その話を聞いたときに思ったことは、NPO関係者は活動に熱心なのはいいけど、労働法制に無知だったり、中で働く人の労働条件に無関心過ぎるために、いざ人を雇うときに問題が起きてしまうのではないかということでした。

遠藤さんたちの問題も、私の身内の問題と同じように、NPO法人側の無知・無関心が問題の根底にあるのではないかと思います。ただ、「女性たちの活動を支える」ことの前提には「女性たちの生活を支える」ことがあるはずで、労働法制やNPO法人内部で働く人の労働条件に無知だったり無関心だったりすることは、結局NPOが目的とする活動の足を引っ張ることになってしまうのではないでしょうか。

WANが自らの活動の足下を見つめ直すという観点から、遠藤さんたちに誠実に対応することを強く希望します。



●匿名のかた(近畿、非常勤講師ほか)
WANの設立総会@京都 に出た者です。ユニオンWANのブログを拝読してきました。

理事側の先生方には「院生時代にお世話になった」方も、お世話になっている方も、著書を通して尊敬している方もいる。信じられない、という気持ちが正直言ってまだ少しありますが、こういう「あの先生がそんなことするはずがない」という業界内にある空気が、また「フェミニズム陣営を守る(?)」といった大義名分が、大事な労働者の権利を侵害してしまうこと(さらにもっと大きな歪みにつながること)を十分考えなくてはいけないと思います。

私が名前を公表できない、躊躇してしまうこと自体、数年前まで院生だった、これから職が得られるかどうかという不安定な状況にいる自分の立場を象徴しています。えらい先生(特に女の)に「・・・を手伝ってほしい」と言われたら喜んで尻尾を振ってへつらうであろう自分。

「ヘタレ」なりに関心をもって応援していきたいです。



●屋嘉比ふみ子さん(ペイ・エクイティ・コンサルティング・オフィス代表)
NPOでの女性の働き方について、この20年くらい考え続け、様々な形で発信してきました。「やりがいの搾取」という言葉が表すように、女性たちが自ら研鑽を積み上げて身に着けてきたスキルや経験が空気のように利用されています。NPOだから「ただ働きが当たり前」という現状は、「女の仕事や女の貧困」を可視化しようと運動を進めている私たちの目的と真っ向から対立するものであり、だからこそ「可視化」が喫緊の課題となっています。

さらに「騒ぎ立てる奴は切ってよし」とほとんど整合性のないまま労働者に解雇を突きつけることは、その辺の中小企業のおやじと同レベルではないでしょうか?フェミニズム云々を語る以前の問題だと思います。男たちが牛耳ってきた労働運動を嗤う権利は、WANの理事会にはないだろうと思わずにはおれません。いや、WAN理事会は男の労働運動を嗤ったりはしないか!

やりがいがあろうがなかろうが、人を駒として利用することは搾取であることに変わりはなく、散々利用した上に、いとも簡単に切って捨ててしまおうとするWAN理事会の出方は、経営手腕が欠落しているというよりも反社会的行為と考えます。



●匿名のかた(近畿)
WANの理事のひとたちには、いま自分たちがしている議論の舞台が、個人的な感情だけではすまされない、「労使関係」をおおきな背景に持っていることを、はやく認識してもらいたいです。それを前提にして、このユニオンWANとの団交が続けられたらいいなと思います。

また、いち雇用者としての適切かつ真摯な対応を、いまからでも、学んでいってもらいたいです。「女性が雇用者側にまわること」の適切さじたいが、社会に認めさせていくことのひとつで、いままさにそれを問われているのだ、という積極的な意義を、この団交にたいして、ユニオンWANともに見出してほしいし、世間に示していってください。

もちろん、そうした社会的な意義のほかにも、「人をひとり雇い、生活を保障すること」への真摯なまなざしを忘れないでほしいです。それを忘れさせまいというユニオンWANのひとたちは、本当に苦しい道だとは思いますが、ぜひがんばってください。



*オンライン署名はこちらからどうぞ! 署名の第1次締切は2/10(水)です。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

賛同署名コメント02 / 09 [ Tue ] 11:05 編集

賛同署名コメント紹介(5)

*オンライン署名はこちらからどうぞ! 署名の第1次締切は2/10(水)です。

●宮本ゆきさん(DePaul University, Assistant Professor, Chicago (IL, USA))
労働争議の勉強は始めたばかりですが、こういった形だけでも支援を表明できれば、と思いました。



●中村研さん(なにわユニオン)
非営利活動や協同組合活動での労働事件を多く耳にします。社会的活動という御旗の錦が、差別やハラスメントを容認する道具ではなく、職場環境をよりよく発展させる言葉となるよう願います。



長野明さん
WANが今後もっといろいろな人が参加し、広く活動していけるような団体になるためにも、労働問題は無視できないです。WANで働こうと思う人が安心して働ける環境が充実した活動につながる基本的なことだと思います。



●田淵菊子さん
第一回目の団交に参加させていただきました。
「従業員の態度が悪いから」といって、労働契約も口約束のまま、書面にすらせず、挙句の果ては「そんな労働条件は言っていない」で押し切る始末。そして、今回の退職勧奨…労基法を一度でもお読みになりましたか?雇用者として恥ずかしいと思いませんか?

こんないい加減な雇用形態をとる団体が、「女性の自立」を目指しているとは思えません。寄付をした人たちの意思も非常にないがしろにされていると思います。適法な雇用関係を構築できない団体が、寄付の資金運営・管理をまともにできるでしょうか。私は決してそうは思えません。



●みなみあさかさん(関東)
WANのことは知っていましたが、こんな問題がおきていたとは恥ずかしながら知りませんでした。
なんだかとっても残念な気持ちです。早期解決を願います。



●江尻 彰さん(関西大非常勤)
労働形態から考えて事務所閉鎖を理由に退職勧奨は不当なものだと考えます。がんばってください。

●近藤弘幸さん(東京学芸大学)
声明に賛同いたします。



●堀江有里さん(日本基督教団京都教区性差別問題特設委員会)
「自分たちにとって不要であれば切り捨てる」という風習が、最近、大学という現場でも、とても「流行」しているようです。そのような風習が無意識のうちに再生産されてしまうことに、痛みと悲しみを感じます。

自分と意見のちがう人たちとともに批判的に対話できる場を広げていくことを、わたしはかつて「フェミニズム」から学んだような気がしています。WANの理事会の方々がそれを実行されることを心より望んでいます。

”泣き寝入りせずにきちんと闘う”ことを実行されたユニオンWANの行動に、とても力をいただいたひとりとして、メッセージを送ります。



●小林 明さん(近畿/牧師)
性差別を無くす為の運動団体が、このようなことをしてはいけません。雇用は人権と深く結びついています。速やかに団体交渉を行うことを求めます。全国の働く人は、この件に注目していますよ!



●匿名のかた(近畿)
じっくり話し合たり、外に向けて発信したりして、お互いに納得できる前向きな解決策を模索するとかいうことは当然のことだと思うのですが…。民主的な方法をとっていただくよう心から願っています。



*オンライン署名はこちらからどうぞ! 署名の第1次締切は2/10(水)です。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

賛同署名コメント02 / 08 [ Mon ] 19:30 編集

賛同署名コメント紹介(4)

*オンライン署名はこちらからどうぞ! 署名の第1次締切は2/10(水)です。

●加藤和博さん(九州)
労働者の労働3権は労働者にとって奪うことができない絶対的な権利です。たとえNPOであろうが雇用者はこの権利を無視し、雇用関係を破棄しその被雇用を守らなければなりません。雇用者は速やかに被雇用者と雇用の団交に応ずるよう要請します。



●川坂和義さん(国際基督教大学)
労働の問題は、人々の生活の根幹にあり、これまでフェミニズムが極めて初期から常に問題化してきたにも関わらず、要望書にもあるように「女性たちの活動を支える」ことを目的にしたWANでこのような問題が起ったことは残念である。

理事会はこの件に関しこれまでの過程を説明し、適切な処置を行って欲しい。たとえ今回の問題でWANの信頼が大きく傷ついたとしても、「女性たちの活動を支える」運動体が日本において必要であることは変わらないし、傷ついた信頼は今後の活動によって回復されていくべきである。

このような要望書を単なる中傷や攻撃として受けとられるのではなく、WANへの信頼のひとつの表現として捉えられることを願っている。そして、WANへの信頼をこめて、この要望書に賛同し、WANの活動に期待する多くの人々と共に名を連ねたい。



●高橋慎一さん(関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち書記長)
WAN理事たちの経営や労使交渉に対する態度は、あまりにも場当たり的ですし、事前協議の労働協定も平気でやぶるという不誠実なものです。しかも、それらのしわ寄せを真っ先に労働者の雇用で調整しようという、本当にひどいものです。WANの理事たち個々人の感情はさまざまと思います。しかし、自分たちが行っている労使間の手続きのひどさに気づけていないとしたら、まったく使用者としての自覚がない証です。もし気づいてやっているとしたら、労働者の使い捨てを当たり前と思っている証です。大切な友人たちに、不当労働行為や退職干渉をおこなわれ、黙っていられません。勇気あるユニオンWANに連帯を、WAN理事たちに抗議を。WAN理事は自らの支援者を裏切ることのない誠実な話し合いをしてください。



●新屋敷健さん(関西圏大学非常勤講師組合 執行委員長)
フェミニズムの名のもとに非正規の女性労働者を切り捨てる「フェミニスト?」団体に反対!



●ぱくさん(京都精華大学嘱託教職員組合SocoSoco)
きっとフェミニストなら自分の職場のセクシズムの問題をほっとけないのと同じように、労働問題の活動家として、きちんと自分の職場ーーたとえそれが非営利団体であったとしてもーーの問題と向き合い、争議を起こした遠藤さんとユニオンWANの取り組みを支援します。このことの意義が、ちゃんと理事の人たちにも理解してもらえると信じて。



●菊池 実さん(大学講師)
詳しい事情は分かりませんが、女性差別がまだまだ残っている日本で、不安定雇用が深刻な問題になっているさなか、こともあろうに、「女性のための情報を提供し、活動をつなぐ」ウェブサイトの運営および「女性たちの活動を支える諸事業の展開」を目的に掲げるWANが、その目的とは真逆の振る舞いをしているとは、驚くばかりで、理解に苦しみます。一刻も早く、誠実な団交に応じて、労働者側が納得する回答をするように要請します。



●鈴木明子さん
女性のための活動をつなぐ場所で、こういうことが起こっているのは残念です。今、多くの人が仕事がなく、働きたいのに雇用されません。とりわけ女性は。
そういうときだから、こんな解雇はやめていただきたいです。



●金友子さん(近畿)
雇用者側から見れば、いくらにもならない稼ぎなのに、というくらいのものかもしれません。しかし、そんな仕事をかき集めて、必死で生計を立てている人もいるのです。理事会の真摯な対応を求めます。



●戸田聡さん(関東)
ユニオンWANの活動を支持し、WAN理事会への要望に賛同します。



●匿名のかた(法政大学講師)
女性の雇用を守るべきNPOが自己矛盾した誠意のない労働条件提示や解雇を行ってはならないとおもいます。労働者の生活破壊は許せません。



*オンライン署名はこちらからどうぞ! 署名の第1次締切は2/10(水)です。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

賛同署名コメント02 / 08 [ Mon ] 11:15 編集

賛同署名コメント紹介(3)

*オンライン署名はこちらからどうぞ! 署名の第1次締切は2/10(水)です。

●山口静子さん(女性と貧困ネットワーク、ACW2)
知人の社会労務事務から聞き書きです

退職勧奨が正当性を認められるのは

(1)雇用調整の必要性が認められる
(2)組合および本人と十分意見交換と説明する
(3)勧奨対象者を決定する合理的基準を設ける
(4)その基準を公平に提供して人選をする
(5)勧奨が節度を保っていること
(6)退職を拒否で不利益な取り扱いをしない

などの要件を満たしている必要があります。

この要件を満たさず あるいは「辞めません」と言っているのに何回も繰り返す場合は
「退職強要」となります。

解雇には、懲戒解雇と普通解雇があり、懲戒解雇とは就業規則に列挙されている懲戒自由に基づく解雇であり、普通解雇とは

(1)整理解雇
(2)病弱や勤務成績不良・労働能力が著しく劣るなど「本人に理由がある」とする解雇

の二つがあります。

解雇の場合は解雇理由を記入した解雇通知書が手渡されます。解雇通知書が渡されない口頭での「解雇」あるいは「辞めろ」という通告は「退職勧奨」もしくは「合意解約の申し入れ」である。

勤続の意思打診なのか、退職勧奨なのか、退職強要なのか、それとも解雇なのか?

この意味を取り違えると対応を間違えることになります。

退職勧奨なのに「解雇を撤回せよ」という内容証明を送っても意味をなさないそうです。

退職勧奨とは、雇用調整のための勧奨行為に過ぎず、法的な拘束力も特別の法的な効果も持たない単なる行為です。しかしこれが執拗に繰り返されると、使用者と労働者の力関係から、労働者は将来への絶望感と大きな精神的苦痛を味わうことになります。

会社の方はこの精神的苦痛で退職に追い込もうとさらに繰り返すことになります。そうなるとこれは「退職強要」と言ってもいいのです。

つまり「退職勧奨」とは、労働者に雇い主が自発的な退職意志の形成を促す説得行為に過ぎず、その行為が社会通念上適当なものでなければなりません。

度を超した退職勧奨で本人が精神的な病気になっているにもかかわらず、本人に経営上の必要性の説明もせず退職強要を続けることは社会通念上から見て不当・違法と言えるのです。

WANは会社ではないがNPOの認可をうけている組織ですから社会的責任は会社に劣らないはずです。



●柴田朋子さん(東京大学)
どんな組織にあっても労働者が正当に扱われることを願います。



●武藤桐子さん(九州)
今回の件について、十分な説明と対応がなされることを望みます。



大野左紀子さん(東海)
WAN労働争議の趣旨に賛同します。正常な雇用形態の元で活動が継続されることを望んでいます。



●服部一郎さん(一橋大学大学院)
運動体やNPOで生じる労使紛争、理不尽なものが少なくありません。問題の所在を把握し、掲げた理念とかけ離れた実態がなぜ生じているのか、今一度考えてみたいと思います。



遠山日出也さん(近畿)
これまで、良心的な活動をしている他の多くのNPOでも、さまざまな労働問題が発生してきました。WANの理事の方々には、今回の問題について、人々に「やっぱりWANも同じなのか……」と思わせないような対応をお願いいたします。労働者には生活がかかっています。もしきちんとした対応、先進的な対応をしていただければ、WAN自らが良い実践なさったということで、WANのサイトに何百本ものすぐれた記事を掲載するのにもまさる価値があると思いますし、もしも粗雑な対応や官僚的な対応に終始なさるようでしたら、今後は、せっかく良い記事を掲載なさっても、どこか白々しい感じを抱いてしまうと思います。私は、理事の方々の誠実さを確認させていただきたいので、次回の団交には行かせていただきます。



●岡 晃子さん(近畿)
無責任と責任放棄の見本市のような組織に対する意義のある闘いです。
WAN理事会には,早いところ事態を冷静に認識することをおすすめします。



●伊藤厚志さん(富山市・会社員)
一方的な労働条件の変更は許されません。
理事会には、退職勧奨を撤回され、当事者と真摯に話し合うことを求めたいです。

ユニオンWANのみなさん、日本の労働運動の未来のためにも頑張ってください。私も応援します。



●小澤伊久美さん(ICU)
私は今回の騒動が発生するまで、WANという団体のことすら知らずにいました。今回の騒動についてもウェブで見られる情報しか知りませんが、これが本当であるならば非常に残念なことだと思いました。一方で、これが当事者の片方からのみしか情報が提供されていないので、自分が正しい判断をしているか自信を持てずにいます。

そのような状況はこの問題を解決するにあたって好ましい状況だとは思えず、そういう意味で今回の署名運動で掲げられている、理事会への要望3点に賛同し、署名しようと思いました。

雇用者側からの説明が関係各位だけでなく、関心を持つものにもわかるように示していただくことを望みますし、そういったことを通じて双方が納得のいく結論に至るまで今回問題となったお二人への退職勧奨は控えるべきであり、団体交渉に真摯に望んでいただきたいと思います。



栗田隆子さん
フェミニズム団体が、社会的な責任とそしてその責任に伴う権力を持った際に、労働者や自分より立場の弱い人間に対していかに振舞うかはとても重要です。なぜならその振る舞いは今後10年、20年の女性の(そして男性の)未来に対して大きく影響を与えるからです。例えば「内ゲバ」というものが、一般社会の左翼のイメージを著しく低下させ、その結果社会的な活動そのものへの「偏見」が増大してしまったように・・・。

この件にかんしては私は他人事ではなく、「責任」とそれにともなう「権力」を自分自身が持った際に、どのように振舞うべきかを考えさせられました。「言っている事とやっていることが違う」のでは、決して社会的な信頼を得ることはできないでしょう。

今は労働組合からの意見・説明についてはブログで読むことが可能ですが、使用者側からの説明はないままです。ぜひ今後、労働組合の人々に対して、そして、WANの会員、そしてWANの読者の人々に対し、誠意ある対応をしていただくようお願い申し上げます。




*オンライン署名はこちらからどうぞ! 署名の第1次締切は2/10(水)です。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

  • ユーザタグ●
  • AD ●
テンプレート ● bStyle_1

Template Design K-do anystyle
Powered by FC2blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。