スポンサー広告-- / -- [ -- ] --:-- 編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

署名数03 / 04 [ Thu ] 00:52 編集

3月2日現在のトータル署名数

現在までに合計166名のかたがたから署名をいただいています。

引き続き、署名と賛同コメントをお寄せください。第4次締切は3月10日(水)です。

争議をめぐる状況に変化がないため、締切を延長して署名活動を続行いたします。

すでに署名は済んでいるけれども、新たにコメントなさりたいかたはぜひお寄せください(その際、署名済みであることをコメント欄に書き添えてください)。公開可のコメントは当ブログにて紹介させていただいています。

オンライン署名はこちらからどうぞ! FAX用署名用紙はこちらからダウンロードしてください。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

賛同署名コメント03 / 03 [ Wed ] 10:36 編集

賛同署名コメント紹介(15)

*オンライン署名はこちらからどうぞ!
 署名の第4次締切は3/10(水)です。

●瀬口典子さん(モンタナ大学)
WANの理事会には、ユニオンWANの方たちとの話し合いを出来るだけ迅速にもっていただきたいと思います。議論がなされずに非難だけがなされる状況だけは避けていただきたいです。



●cnktさん(近畿)
WAN労働争議における被雇用者支援呼びかけに賛同します。
WANは、被雇用者に対する誠意を示すためにも、また自身の存在意義を確認するためにも、呼びかけにあった

・2月末でのユニオンWAN組合員お二人への退職勧奨を取り消していただくこと
・ユニオンWANとの労働条件に関する団交に真摯に応じてくださること
・WANウェブサイト上で今回の争議について雇用者側から説明してくださること

これらの要望に応じてくださるよう望みます。
労使ともに納得できる結果を得られることを期待しています。



*オンライン署名はこちらからどうぞ!
 署名の第4次締切は3/10(水)です。

| comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

賛同署名コメント02 / 27 [ Sat ] 22:00 編集

賛同署名コメント紹介(14)

*オンライン署名はこちらからどうぞ!
 署名の第3次締切は3/1(月)です。

●井本三夫さん(元茨城大学教授)
呼びかけ人の声明に全面的に賛成です。殊に「女性たちの活動」「女性のための活動」において、女性の不安定な雇用形態が、理念上も実質上も重要な問題であったはずです。さもなければWANの運動は単に男性優越社会に対抗するだけの、つまりそれと同じ社会的矛盾を孕むものとなり、同じ退嬰的な道をたどることと成りましょう。女性運動の歴史と精神のよって来たるところを、もう一度深く省察すべきです。



●矢田聡さん(関東)
今回の件で使用者が労働者にしていること(労働条件の不利益変更と協議中の退職勧奨)は、違法なのではないかという疑いもあり、違法でないとしても労働者の生活に直結する権利や利益を害するものであり、重大な問題だと思います。

使用者団体としては運営のあり方を変えたいという目的があるかもしれませんが、その際に安易に労働者の権利や利益を害することがあっていいはずもないし、そもそも使用者となる者が短期間に雇用の体制を変えなければならないような杜撰な計画で出発したならばそれも問題です。特に使用者は現在の社会構造において労働につき不利な立場に立たされやすい「女性」の権利を主張する団体なのですから、社会に率先して望ましい模範を示すべきではないでしょうか。

使用者は労働者の団交を要求する権利を尊重すべきだし、それに真摯に応えるべきです。どのような結果であれ、様々な反省を含むものであれ、使用者が労働者に配慮したといえるような経過説明をすることが、WANという組織の信頼を回復するために必要とされていることです。それは他の組織で起こる労働問題について考える助けとなるという意味でも、フェミニズムに限らず様々な社会運動について意義があることだと思います。

WAN理事会がこの要望に応えることを希望します。



●米津篤八さん(関東)
WAN理事会の対応を注目しています。理事会が労働者側と誠実に話し合うことを望みます。



*オンライン署名はこちらからどうぞ!
 署名の第3次締切は3/1(月)です。

| comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

署名数02 / 27 [ Sat ] 09:43 編集

2月26日現在のトータル署名数

現在までに合計161名のかたがたから署名をいただいています。

引き続き、署名と賛同コメントをお寄せください。第3次締切は3月1日(月)です。

オンライン署名はこちらからどうぞ! FAX用署名用紙はこちらからダウンロードしてください。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

賛同署名コメント02 / 27 [ Sat ] 09:40 編集

賛同署名コメント紹介(13)


*オンライン署名はこちらからどうぞ! 署名の第3次締切は3/1(月)です。

●塚原久美さん(北陸)
今回の争議を公正な形で解決することで、様々な違いを超えて日本のフェミニストの力を結集できる場としてWANが育っていくことに期待しています。



大曽根雅子さん(関東)
私はWANのWeb会員です。WANのサイトには、私がWeb管理人として関わる「PA/F SPACE」のイベント告知を投稿したこともありますので、今回のことはまずユーザーとしても黙っていられませんでした。

私自身も、加入している女性だけのユニオンで、労働運動では実績も信用もあるフェミニストたちが専従を解雇する現場を見てしまいました。大会で組合員の前で抜き打ちに報告し、組合員からのもっと話し合いを!の異論を封じたのです。
私はWANにはこのユニオンのようになってほしくありません。互いが納得するまで話し合いを続け、謝罪すべきところはしてほしい。

それだけに今回の遠藤さんをはじめとしたユニオンWANの勇気に感謝し、応援を表明いたします。フェミニズムの対外的表面的イメージダウンを恐れて泣き寝入りするのではなく、世の中に向けて問題提起したことは、同じ境地に立たされている人・立たされた人・いないことにされた人たちを力づけることになるからです。
勿論私たちもまた、自分たちの身近に、非営利組織における「やりがいの搾取」がないかどうか、見直す責任があるでしょう。

フェミニズムとは何なのか、フェミニストとはどう行動する者なのか、WAN理事会自身が今、問われているのです。



*オンライン署名はこちらからどうぞ! 署名の第3次締切は3/1(月)です。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

  • ユーザタグ●
  • AD ●
テンプレート ● bStyle_1

Template Design K-do anystyle
Powered by FC2blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。